男が好きな三つの女性像

実は男性が好ましいと思う女性は、三つのタイプに分けられます。もし夫婦仲が思わしくなかったり、最近上手くいっていないというカップルは、女の人が相手の性格に合わせたタイプを演じてみるのも良いかもしれません。自分好みの女を演出する彼女に、男性も優しくしようと努めてくれるでしょう。

男が好ましく思う女の色々なタイプ

どれほど女性に興味がない振りをしていても、性に対して興味がない人でも「こういう女性に弱い」という傾向はあります。細かな違いはありますが、基本的には「母親タイプ」「天然タイプ」「大人の女性タイプ」の三つに分けられると言えるでしょう。

まず一つ目は母親のような人。「男はみんなマザコン」という言葉があるほど、自分を育てた人というのは、好みのタイプに影響を及ぼしています。普段、とても仲が悪そうに見えていたとしても、胸の奥では母の包容力や理解を示そうとしてくれる姿勢を深く愛しているでしょう。

二つ目は甘えん坊でどこか抜けている天然のタイプ。男性は女性の時折見せる隙にときめくようです。また「甘えられている=便りにされている」と考えるので、嬉しいのでしょう。可愛い女子が好きなのは、プライドが高く男らしい人たちに多い傾向があります。

最後のタイプは「大人の女性」です。常に余裕があり、さりげない気配りが出来て、男性の考え方に理解を示してくれる。言い換えれば姉御肌、ということかもしれません。服装や仕草、言葉遣いなどから色気を感じさせるのも、特徴です。どちらかというと、日本よりも海外で育った男性が好むパーソナリティと言えるでしょう。他に気が弱くて優柔不断な性格の人にも人気だそうです。

どのタイプか見分ける方法

男性の性格によって好む彼女の姿は違い、女性は間違ったキャラクターを演じたらどうしようと考えるかもしれません。しかし見分ける方法はあり、三つのタイプに共通して言えることです。それは「自分に足りないもの」を求めているということ。自分にないもの、真似できない特徴を持っている女に、男は弱いと言えるでしょう。

付き合い始めや結婚したての頃は仲が良くても、長い時間を一緒に過ごしていれば、会話やお互いが望むことが上手くいかない時もあるでしょう。だからといって、別れる必要はありません。息抜きのようなつもりで、女子は相手の好きなタイプを演じ、男子は自分に合わせてくれる彼女を大事にするといいでしょう。互いの新たな一面を見つけ、仲をより深まることが出来るかもしれません。