大切なのは人間力?男にとって車はモテるための武器になるのか?

車があればモテる、という考え方は半分正解で半分間違いです。昔は高級車を乗り回していれば女性の方から寄ってくる、なんてこともありました。しかしいまはそういう時代ではないのです。 では、車はもうモテるための武器とはなりえないのでしょうか?

車はステータスとなり得るのか?

一昔前は車を持つことが一人前の男としての証でした。高級車を乗り回すような男性に女性が群がっていた…そんな時代があったんですね。しかし、現在はどうでしょうか?若者の新車購入率は年々下がってきています。車の有無が必ずしもモテる要素に直結しないという状態になっているのかもしれません。
女性の側から考えると、それでも「車があるとドライブに行ける」「二人きりの空間を楽しめる」「収入がしっかりしている」という意見もあります。つまり、ひとつのモテ要素としてのステータスがまだ車にはあるということです。
必ずしも持っていなくてはいけないものではありませんが、所有していると武器がひとつ増えるということにはなるのでしょう。車にはまだまだ持つ意味があるわけです。

コスパと見栄、モテるのはどっち!?

とはいえ、まだまだ日本は不況を脱しきれていない状況です。そう安々と新車を購入して女を口説こうなんてできませんよね。車を買うということは人生のうちで数回あるかないかの選択です。しっかりと考えて行動しなくてはいけません。出せる費用は人それぞれ違いますが、コストパフォーマンスを取るか見えを取るのか、この選択は究極的だといえるでしょう。
一昔前ならば無理をしてでも予算ギリギリ、もしくはオーバーするくらいの車を買うことがモテるためには必須でした。しかし今は「車を持っているだけでもいいんじゃない」という風潮になってきています。ですから、無理に高級車を選ぶ必要はないでしょう。メーカー側もコストを抑えつつデザイン的にも実用的にも良い車種をたくさんそろえてきています。実際に、コンパクトカーなんかは女性からの人気も高くコスパも良いので選びやすいといえるのではないでしょうか。

良い車=モテる男ではないことを忘れずに!

車は絶対的ステータスではないけど、コスパやデザイン性の高いものならば武器になる。これは間違いありません。しかし、女性としては別にカッコイイ車を持っているからといって男性の理想像につながるわけではないことも覚えておきましょう。そもそも、大切なのは車そのものではなく所有して運転するオーナーの人となりです。乗っている男性に魅力がなければせっかくの武器も使いこなすことはできません。
実際、女性はあまり車種だとかメーカーだとかはそれほど気にしていません。不況のいまは余計にその傾向が強いです。それよりも、運転する男性のマナーや言動の方がよっぽど気になっています。
たとえば普段は優しいのに運転中は人が変わったように荒々しくなる、スピード狂で怖い、渋滞になると八つ当たりしてくる…。そういう男性と女性はドライブをしたいと思うでしょうか?けっきょくは車ではなく人間的な魅力があるかどうかなんですよね。マイカーを所有するならば、それに見合ったマナーも身につけることが大切です。そういった人間性の質の高さを女性はしっかりと見ています。