女が求める「心あるセックス」を満たすいくつかの方法

男は肉体的なもの、女は精神的なものをセックスに求めると言います。実際にそういう傾向はありますので優しく女性に接するということは大切なことです。しかし具体的に、セックス中にどうすれば女性は精神的に満足してくれるのでしょうか?女が求めるセックスに対する本音をいくつかご紹介いたします。

プレイ中の言葉って大切

男の場合どうしてもセックスにおいてテクニックばかりに集中してしまうものです。乳首の弾き方とかクンニの仕方、手マンでどうやったら潮を吹くのかなど色々と考えてしまいます。しかし女性からすればあまりテクニックにこだわりすぎなくてもいいと思っています。むしろ女性は精神的な繋がりや満足感を求めているので直接的な刺激というのはあまり必要としていないのです。
具体的には例えば行為中に言葉をかけてあげたりすると良いでしょう。相手を気遣うような優しい言葉や愛の囁き、または「こんなに濡れているよ」なんて羞恥心を煽るセリフも良いでしょう。女性は下手なテクニックよりもこうしたプレイ中のコミュニケーションを求めているのです。

実は肉体のスイッチも必要

女性は精神的な繋がりや満足感を求めているものではありますが、いざセックスとなれば気持ちだけではカバーできない部分もあります。人によって程度の差はありますが、エロいムードに突入するにはまず肉体的なスイッチが入らないといけないのです。例えば情熱的なキスであったり、ほろ酔い気分の中でちょっと手が触れたとか、または転びそうになった時に強く抱きしめられたとかそういう肉体的な刺激が必要なのです。
ただ優しい言葉をかけるだけではセックスにつながりません。必ずちょっとした触れ合いとセットで行う必要があります。

日常的に優しい人とのセックスは楽しい

実はセックスの快感度はお付き合いの仕方などでも変わってきます。例えば同棲をしているカップルや夫婦であれば家事を分担して行う方が女性の感度が高まる傾向にあるのです。そもそもセックスというのはけっこう体力を使いますよね。ただでさえ消耗するのに、エッチをする前から肉体的に疲労していたとしたらどうでしょうか?感じるものも感じないことでしょう。家事というのは思いのほか重労働なものです。それを女性一人に任せておいてセックスもおねだりする、こんな状態では体力的に万全とはいえないのも当然でしょう。
また精神的な満足感を求める女性は日々の優しさというのも重要視しています。例えば洗い物を率先してやってくれるパートナーにはサービスしたいと思うわけで、フェラにだって気持ちがこもるものなのです。ちょっとしたことかもしれませんが、パートナーとのセックスを今より気持ち良く楽しみたいのであれば家事のお手伝いくらいはしてあげましょう。