五感をフル活用して性を楽しむ

同じ相手と続けて行くうちに、どうしても性行為は惰性的になってしまいます。人生をより楽しく、恋人や夫婦との時間を素敵にするためにも、五感全てを使って愛し合ってみてはいかがでしょうか。同じ事をしているのに刺激的で、きっと新鮮な気分を味わえるでしょう。
日本の女性に伝えたい! 5感で楽しむセックス【発掘記事まとめ】|AM「アム」

一つ一つの行為を意識して

セックスを楽しむコツは自分のすること、相手がしてくれる行為に全感覚が反応するよう工夫することにあるそうです。

まずは視覚について。見ることで興奮を高めるために、女性であれば色気たっぷりの下着をつけてみたり、男性であれば服を脱がさずに愛撫をしたりしてみましょう。他にも相手を誘うようなポーズを取ってみる、ボディラインを強調した服で脱ぐまでの過程を楽しむことも出来ます。

加えて音も重要です。耳元で囁き合ったり、甘い声を出してみたりするのも良いでしょう。パートナーの性格によっては、今していることを敢えて口にしてみる、息をわざと荒らげてみることも効果的です。もし彼(彼女)が望むなら、目を隠すのも良いでしょう。視界を断つことで、音に対してとても敏感になれます。

雰囲気をいつもと違うものにしたい場合は、匂いを変えると良いでしょう。日によってつける香水を変えてみたり、アロマキャンドルやインセンスを使ったりするのも面白いかもしれません。時には肌に甘い食べものやシロップをつけて、味覚と合わせて感じてみるとより興奮は高まるでしょう。人も含めて動物は、特に香りに敏感です。いつもと違う匂いに満たされるだけで、自分でも驚くほど気分を変えることができます。

触れ合いの変化は程々に

最後は触覚についてです。普段はやらないようなプレイ、常識で考えたら触れ合うことのないような場所に刺激を与えてみると思いの快感を得られます。始めは気持ち良くなくても、何度も触れ合ううちに新しい性感帯を手に入れることもできるかもしれません。性玩具はもちろん、本来は別のことに使う道具も試してみる価値があります。ただし他の感覚と違い、危険な自体になるケースもあるので、物を使う時は細心の注意を払いましょう。

どれほど愛していても工夫しなければマンネリに陥ってしまうでしょう。男女共に働く現代社会で、性行為は互いの理解を深め合う大事なコミュニケーションの一つであり、疲れた気分をリフレッシュする役目も果たしています。肉体はもちろん精神的にも満たされるため、全感覚を使い毎日の営みを新鮮なものにしてみてはいかかでしょうか。