女性が大きな声で喘いでしまうのは一体なぜ?

女性の感じている顔や喘ぎ声って男ならばムラムラとくるものですよね。自分のテクニックやピストン力に女性が溺れているという感じが、征服欲みたいなものを満たしてくれるのです。逆に感じていても喘ぎ声が小さかったり体の反応が微妙な子だとちょっと寂しい気になって、つまらないセックスになってしまうかもしれません。やはりエッチには女性の喘ぎ声というのは大切なのです。
しかしここで一つ疑問なのですが、なぜ女は大声で喘ぐのでしょうか?もちろん声を出してくれた方が興奮はしますが、セックスそのものは喘がなくても行うことはできますよね。エッチの時になぜ女性は声をだしてしまうのか、その謎について考えてみましょう。

AVの喘ぎ声

まずは性のプロたちの喘ぎ声を検証していきましょう。AV女優たちは画面の奥で時に艶やかで時に絶叫するような喘ぎ声をだしています。男優たちの華麗なプレイに身をよじらせ、大きく声を出してくれています。しかし彼女たちは本当に感じたうえであの声を出しているのでしょうか?そもそもAVというのは映像作品の一つです。つまり少なからず台本や演出といったものが存在しています。いちいち脚本に喘ぎ声が書かれているわけではないでしょうが、やはり魅せることを意識しているのは間違いありません。ですから、彼女らの出す喘ぎ声は多少なりとも演技が入っているのは間違いないでしょう。

風俗嬢たちの喘ぎ声

ではもうちょっと身近な存在である風俗嬢について考えてみましょう。お店に足を運んだことがある人ならわかると思いますが、デリヘルなどでのプレイは割とリアルに近いものがあります。挿入がないだけでほぼプライベートのエッチと相違ありません。こちらが上手く責めれば反応して良い声を出してくれたりするものです。
とはいえ全てがリアルかと言えばそうでもないでしょう。性奉仕のプロとして働いている彼女らはサービスの一環としてこちらの責めに反応していることも少なくありません。風俗歴が長い女性は興奮を誘発する材料として上手に喘ぎ声をだしていたりもするのです。

喘ぎ声というのは本能的なもの?

AVでは視聴者に魅せるための演技として、風俗ではお客を楽しませる材料として喘ぎ声を使っています。ではプライベートの喘ぎ声というのはどうなのでしょうか?
実はある研究によると女性がセックス中に出す声は本能的なものだと言われています。人間の祖先は森の中で集団生活をしていました。交尾中はどうしても無防備になってしまうためにメスはわざと声をだして周囲の仲間に知らせていたのではないかというのです。つまり、グループの子孫繁栄を守るための行動が喘ぎ声だというわけですね。

現代の人間が出す喘ぎ声にそういった意味合いがあるわけではないでしょう。ただそうした遺伝子に組み込まれた本能的な部分もあるのかもしれません。いずれにしても、男からしたら喘いでもらった方が嬉しい、それだけは間違いないようです。