女が理想とするメールやLINEの送り方

女性の心をつかめるようなメッセージを送ることができれば、モテるのに時間はかかりません。
メールやLINEを使ってメッセージのやり取りをするのはいまや常識ですよね。仕事やプライベートなど、あらゆるシーンで活用していることでしょう。もちろん恋愛でも、そうしたメッセージアプリは活用したいものですよね。 顔が見えない言葉だけのやり取りは気軽ですが、時には誤解なども生みやすいもの。上手く送らないとトラブルになることもあります。女性たちはどのようなメッセージを欲しているのか、モテる男のメール術を考えてみましょう。

女性心理から見るマメな男がモテる理由

昔から、マメな男はモテると言われています。というのも、女性は「気にかけてくれる人」が好きだからです。たとえば階段で手を持ってくれる、車道側を歩いてくれる、ドアを開けてくれる、椅子を引いてくれる…そういった男性を好みます。簡単に言えば、お姫様のような扱いを受けるのが女性は好きなんですね。
同じように、メールやLINEでこまめに連絡をとってくれる男性は女性ウケが良いです。「いつでも私のことを考えてくれて大切にしてくれている」そう思うことができるからなんですね。ですから、連絡するのが面倒とか、仕事でなかなかメッセージを送れない…そういう人はモテにくいのです。
デートはもちろん、メールやLINEもマメに気を使って送ってあげられる男性は女性にとって理想像と言えるでしょう。

どんな内容のメッセージが良いのか?

メッセージをたくさん送る人がモテる…とはいえ、内容が適当ではダメです。ちゃんと女性の心に響くようなメール・LINEを送る必要があります。
「女心を掴む内容を毎回考えるのは大変そう…」あなたはそう思うかもしれません。ですが難しく考える必要なんてありません。別に小説やポエムにでてくるような、美しい単語や旋律など必要ないのです。
女性たちは「お姫様扱い」されることを理想としています。その気持ちさえわかっていれば、メッセージの内容も悩む必要はありません。「今日は雨だけど、転ばないでね」「最近寒いから、暖かくしてね」といった気遣いメールは女性の心に響きやすいです。なんてことない内容ですが、「あなたのことを思っています」という気持ちが伝わるものであれば、それでかまいません。他にも「君が好きなアーティストのコンサートのチケット取ったよ」なんて内容もいいですね。女性の好みを理解していて、さらにデートという建設的な未来を提示することができています。別にコンサートでなくとも、彼女が好きな食べもの、本、TV…そういった話題を振ってあげるだけで、「私のことを理解してくれている」といった感じに、女性は好意的に感じるものなのです。
あまり難しく考えすぎず、相手のことを思った内容のメッセージを送ってあげましょう。

時間帯も意識してみよう

相手のことを考えるのであれば、メッセージ内容だけでなく、送る時間帯も考えてあげたいものです。大人になれば仕事もプライベートもそれなりに忙しくなります。モバイルによるメッセージのやりとりは「いつでもどこでもできる」というメリットがありますが、時間がない時に送られるとイヤになりますよね。「たくさん連絡してほしい」という女性であっても、忙しい時のメッセージにはちょっとイラッとするものです。
メッセージを送る際は、相手に時間があるタイミングを狙いましょう。朝の通勤時間、お昼休憩、夕方、寝る前…彼女の生活習慣を想像してみてください。1日のうちのちょっとした暇な時間にうまく送ることができれば、あなたのメッセージはより女性に響くことでしょう。