男性の幻想を粉々に打ち砕く、あってはいけない女性の汚部屋とは?

初めて彼を自分の部屋に呼ぶ…女性ならば緊張とワクワクが同居する素敵な瞬間ですよね。それは男性にとっても同じことで、好きな子の部屋にはかなり興味があってドキドキしています。
ですがそんなワクワクやドキドキは、ちょっとしたことで崩れてしまうことがあるんです。男性が「この子ヤバい」と思ってしまう女性の部屋とはどんなものか、見てきましょう。

部屋が汚いのは全くの論外!

男性にとって女性の部屋は「キレイで当たり前」な場所です。TVとか雑誌とかマンガで見るような「女の子らしい」「可愛らしい」そんな空間を想像しています。それなのに、床にゴミが散らばっていて、服も脱ぎっぱなしで散乱していて、食べ残しや洗っていない食器が山積みだったら…。ほぼ100%ドン引きしてしまって、女性に対する印象を一気に悪くすることでしょう。どんなに化粧が上手でも、ファッションセンスにうるさくても、絶世の美女だったとしても…部屋が汚ければ台無しです。
確かに完璧にキレイにするというのは大変なことです。というか、フィクションの世界にでてくるような「キレイで可愛い女の子の部屋」にまでする必要はありません。ですがせめて、ゴミがなくて服もしまってあって食器も洗われている…最低限それくらいはやっておいたほうが良いでしょう。

タンス・押し入れよりもベランダがヤバい?

女性にとってタンスや押入れは触れられたくない聖域ですよね。小奇麗にまとめている方ももちろんいるとは思いますが、「彼がくるから急いで片付けなきゃ!」ということで押入れにまとめてしまった…という方も多いのではないでしょうか。
別にそれは悪いことではありません。表面だけでも繕っておけば男性も問題なく、マイナスイメージを抱くこともないでしょう。しかし、意外な盲点となるのがベランダなんですね。ベランダは押入れなどと同様に、片付けたものを退避させることに使われやすい場所。特に一気に片付けたゴミ袋なんかを慌てて外に出しておくという人は多いようです。
カーテンを閉めておけばわからない…それはそうなんですが、もし何かの弾みで大量のゴミ袋を見られてしまったら、一気に彼の愛情は薄れてしまうことでしょう。ベランダに退避させることは致し方ないとしても、あまりに大量に…というのは危険です。こまめに掃除してベランダのゴミ袋はせめてひとつだけにしておきましょう。

冷蔵庫の中身は生活感がでます

部屋にある様々な家具や家電の中でもひと目で生活感がまるわかりになってしまうのが「冷蔵庫」です。その女性がどれくらい料理をするのか、キレイ好きなのか、どんな生活をしているのか…ありとあらゆることが手に取るように感じ取れてしまうんです。
たとえば、賞味期限切れの食材がひとつくらいならば男性も目をつむることでしょう。しかし、肉に魚、しなびた野菜…そんなものがゴロゴロしているのを見たらどう思うでしょうか?逆に飲み物しか入っていない冷蔵庫を見たら何を考えるでしょう?どちらの場合も「生活力がなさそう…」そう感じるのではないでしょうか。
すべての人がそうとは言い切れませんが、少なからず男性は料理上手な女性を好みます。そして結婚したら「この人の料理が食べられるんだ」と期待をします。そんなワクワクしている気持ちを、冷蔵庫の中身ひとつでぶち壊してしまう可能性があるんですね。
もしその男性と結婚まで考えているのであれば、部屋に呼ぶ際には冷蔵庫の中身も確認しておきましょう。どうしても整理がつかないならば、絶対に開けさせない!くらいの気持ちを持っておくべきです。