男の性技は女が磨く

どんな風に抱いて欲しいか感じ取れる男性はなかなかいません。何度も落胆しているうちに「私が我慢すればいい」と思うようになる女性は意外に多いそうです。実は、「女を理解している男」というのはこの世に決して多くはありません。女性が充実した性生活を送ろうと思うのなら、本人が望んでいるテクニックを相手に教えることが一番の近道です。

勘違いを気付かせよう

第一にするのは間違いに気付かせることでしょう。男性は付き合った数が多いほど「自分は上手い」と思いがちです。彼に喜ばせて貰うためには、まず不快だと知ってもらう必要があります。

効果的なのは素直に「痛い、気持ちよくない」とはっきり伝えることでしょう。大半の男子は分かってくれます。ですが、あまりにきつい言い方をすると傷ついて、セックスレスに発展してしまう可能性もあるかもしれません。ですので、出来るだけ優しく、しかしきっぱりと言うと良いでしょう。どうしてもやめてくれない相手には、済んだ後に目を合わせないようにしたり、少し怒った振りをしたりするのも悪くありません。

男性はこうした女性からのサインを絶対に見逃さないように、特に行為のあとは慎重に振る舞うべきでしょう。さっさと着替えてテレビを見ながら一服している場合ではないです。

上達して貰うためには女優に!

悪い所をなおせたら、次にするべきは「やって欲しい行為」を教えることです。ただ男性はプライドの生き物なので直接言われるのは嬉しくありません。ですから気持ちいい振りや甘える演技をすると良いでしょう。

快感を得られる所に触れた時は少し大げさに声を出し、して貰いたいことは甘ったるい声でねだるように言うと、相手も分かってくれます。何度も繰り返すうちに、きっと素敵なベッドタイムを過ごせるようになるでしょう。

行為の最中、自分のことばかりに夢中になっている男性はここでも注意が必要です。ひとりよがりのセックスは関係をダメにする元。パートナーの反応を見ながら、何をするのが最も良いかを考えてベッドに臨みましょう。

ほとんどの男子は女子が感じる行為を知りません。しかし、それは今まで付き合った人や、アダルトコンテンツから間違った知識を吸収してしまっただけです。ですので、もう「彼氏のセックスが下手」と嘆く必要はありません。さりげなく教えてあげれば、どんな男性も女性を喜ばせる才能を開花させるのですから。上手なベッドテクニックを学ばせるのは、他でもないあなた自身です。